2021年08月04日
Tags: |

3Dスキャン+3D出力

3Dスキャニング+3Dプリントのご用命。いわゆる3Dコピーのお仕事です。

要望はサッカースパイクキーホルダーからの3Dスキャンして3Dの複製を作り、3D複製した物にお子様自身が着色したいとの事でした。

黒色はスキャニング出来ない為、「アエサブ」を塗布して真っ白に・・・*透明な物や反射する物、黒い物はスキャンできない為このスプレーが有効です。ちなみに4時間程で自然に消えて無くなります。

スキャン対象物がかなり小さいのでスキャンできるか不安でしたが見事に再現出来ました。穴埋めやスムージング処理を行い、スライサーでサポート調整を行いG-codeに変換して3Dプリンターで造形です。

実寸の小さい3Dプリントと最大値まで拡大した18cmのサイズの両方を作成。出来栄えは・・まあまあの再現ですかね。拡大した18cmのサイズのほうが再現性が良くみえます。

造形時間は原寸で約2時間、拡大した18cmサイズで約20時間!!!

サポート材の除去があまり綺麗でありませんが、再現性と仕上りに驚かれていました。

特殊な機器と技術と時間が掛かる為どうしても高額な仕事になってしまいます((´;ω;`)

TOPへ